2014/10/24

My Schedule in December 2014


12月のケチケメート中央広場

トロムソから帰国直後にもお伝えしましたが、12月にヨーロッパに戻ることを決めました。12月2日の深夜便で羽田からウィーンに飛び、そこからバスでブダペストに向かう予定です。12月の第一土曜は6日ですので、日程的にウィーンで1泊するくらいの余裕はありそうです。

ちなみに日本への帰国日程ですが、いつも通り未定です(笑) IM ノームをすでに揃えている以上、あとは2400到達まで、レイティングを44上げるのが最大の目標ですね。1年ぶりのハンガリーは、今からとても楽しみです。

12/03 ウィーン着、ウィーン1泊?
12/04 ウィーンからブダペストへ。アンダンテ泊
12/05 Free Day
12/06-16 First Saturday GM or IM
12/16-25 Chess in Kecskemet GM
12/26 Free Day
12/27-01/05 Chess in Kecskemet GM

ひとまず参加を決めているのは、この馴染みの3大会です。First Saturday は、どちらのクラスに参加するか未定ですが、ケチケメートはGM クラスに確定。CAISSA からChess in Kecskemet へと名称を変えたこのトーナメント、12月と年末年始、2大会に連続で参加します。クリスマスも年明けもケチケメートとは、なかなか印象深い年になりそうですね。ちなみに公式発表の大会日程がかぶっていますが、この辺りはうまく調整するのでしょう(笑)

そして12月前半のChess in Kecskemet のRating Section(GM, IM より下の、ノームのかかっていないクラス) には、日本から酒井創くんが参加します。彼は私の一昨年と同じスケジュールで、London Classic からのハンガリー入りとなります。この3年間は私だけしか日本籍のプレーヤーがハンガリーで試合をしていなかったので、新しいメンバーの参入は、ハンガリーのオーガナイザーたちも大歓迎でしょう。創くん、ケチケメートでは、よろしくお願いします。

私のプランとしては、相性の良いGM トーナメントでプレーすること、そしてFIDE レイティングの係数が20に増加したことで、この3大会の試合結果をもって2400到達を決め、年明け早々に帰国したいところです。以前の遠征中とは違い、私が担当している生徒の数も大幅に増えているので、彼らをあまり待たせるわけにもいきませんしね。もし年末年始のケチケメートを終えても、2400に到達していない場合、1月9日から開催される、Prague Open への参加を検討します。昨年の遠征では、チェコのトーナメントはかなり好印象でした。

それでは、日本で過ごす残り1ヶ月半ほど、皆さんよろしくお願い致します。明日はIVL ですので、そちらも頑張ってきます!

2014/10/22

盤上の冒険者たち Official Report Vol.1


イベントの第二部、羽生さんと私の対局の様子 Photo by Hasegawa

昨晩、みすず書房のHP に、先月行われたボビーフィッシャーを探しての刊行イベント、「盤上の冒険者たち」のレポートが公開されました。第一部である羽生さんと若島さんの対談レポートは後ほどで、先に第二部である羽生さんと私のゲームの解説と、フォトギャラリーが公開されています。このブログでは、すでに私の解説を公開していますが、今回のレポートでは、会場での対局の様子や、ピノーさんと若島さんがどういった会話をしながら大盤の解説を進めていたのかが、よく分かる内容となっています。私にとっても、非常に新鮮なイベント形式でしたので、皆さんも是非、チェックしてみてください。


今回のレポート公開にあたり、内容のチェックをしてくださった、みすず書房の担当者さん、そしてピノーさんと尚広くん、本当にありがとうございました! また第一部のレポートと動画の公開も楽しみにしています。

2014/10/19

Chigorin Memorial 2014


Mikahil Chigorin, chessgames より

2600クラスのGM がこぞって参加する、ロシアのハイレベルなトーナメント、Chigorin Memorial が今年もスタートしました。Mikahil Chigorin は1800年代後半から1900年代前半にかけて活躍し、Chigorin Defence や、Ruy Lopez Chigorin Variation などに名前の残っている、有名なプレーヤーです。以下のゲームは、Chigorin の短いゲームですが、序盤ではマテリアルのリードよりも、ピースの展開とキングの安全性が重要だということが分かる、好例だと思います。

Shletzer - Chigorin, M
St.Petersburg, 1878

1. e4 e5 2. Nf3 f5 3. exf5 Nc6 4. Bb5 Bc5 5. Bxc6?! dxc6 6. Nxe5 Bxf5 7. Qh5+ g6 8. Nxg6 hxg6!



9. Qxh8 Qe7+ 10. Kd1 Bxf2! 11. Qxg8+ Kd7 12. Qc4 Re8! 0-1


そのChigorin の功績を称えて、毎年開催される大会がChigorin Memorial なのですが、今年は日本から南條くんが参加しています。参加者のうち実に46人がGM で、レイティング2384 の南條くんでも、リストは84のスタートです。トーナメント中盤では、厳しい当たりが予想されるでしょう。リガ以降、マレーシアと香港では調子を崩している南條くんですが、彼は各上が相手であるほどやる気を出すタイプですので、ここで調子を戻してほしいと思います。南條くん、ファイトです!

Chigorin Memorial 2014
Live Games at ChessBomb

2014/10/16

10th IVL Tournament Preview


白熱した6月の8th IVL photo by Hasegawa

先日告知した中部快速オープンの直前に、久々に試合をする機会があります。記念すべき第10回のIV League は、羽生さんをゲストに招いて、10/25(土)の開催です。南條くんがChigorin Memorial に参加するために、日本を離れている期間中であることは残念ですが、それでも豪華なメンバーが集まりそうです。現在予定されているリストは、以下のようになっています。

01. HABU, Yoshiharu 2415 (FM)
02. KOJIMA, Shinya 2356 (FM)
03. MATSUO, Tomohiko 2245 (CM)
04. NAKAMURA, Ryuji 2151
05. SHIOMI, Ryo 2138
06. KUWATA, Susumu 2130
07. NOGUCHI, Koji 2105
08. YAMADA, Kohei 2087 (CM)
09. NAKAMURA, Naohiro 2054
10. INOUE, Sho 2021
11. SHIOGUCHI, Tatsuya 1999
12. SHINODA, Taro 1931
13. YOSHIMURA, Kenji 1861


上記のリストは13人ですが、うまく調整をして12人、ないしは14人での開催を目指します。なお、今回は非公開イベントとさせていただきますので、6月と違って見学は無しです。また大会終了後の、棋譜公開とトーナメントレポートをお待ちください。それでは参加者の皆さん、来週末はよろしくお願い致します!

2014/10/14

中部快速オープン 2014 Tournament Preview


2011年の中部快速オープン

3年ぶりの中部快速オープンに参加するため、今年2回目の名古屋遠征を考えています。開催日程は11月頭にある3連休最終日の、11月3日(祝)です。日帰りで行くのも良いですし、日曜に行って観光&前泊するのも良いでしょう。

私は今のところ、三村くんと2人で後者のプランを考えており、17000円台が新幹線+宿泊の最安値だとチェックしています。この3連休は上智大学の学祭が開催されていますので、初出展だというSCC の展示に顔を出してから、日曜夕方の新幹線で名古屋に向かいましょうかね。簡単な大会情報は以下の通り。名古屋チェスクラブのHP も参考にしてください。

日付: 11月3日(祝)
会場: 名古屋市芸術創造センター
形式: 6R スイス、25分+10秒/1手増加
参加費: 8000円(事前振り込みで7000円に割引)
賞金総額: 95000円

持ち時間はIVL と同じスタンダードな快速で、1日で6試合を指します。8月末の名古屋オープンでは優勝を逃しましたが、そうそう遠征先で負けるわけにもいきません。試合もしっかり勝って、2か月ぶりの名古屋を楽しんで来ようと思います。他にも関東圏から参加を検討している人は、是非声をかけてください。

2014/10/13

Tokyo Open 2014 Tournament Report Vol.2


Photo by Yumiko Hiebert

天気の心配がされる中で開催された東京オープンは、3日間の日程を無事に終えました。優勝は、リスト4スタートだった桑田くん。4勝2ドローの戦績で、国内大会でのオープン初優勝です。中高、大学と同じチェスクラブで腕を磨き、14年目の付き合いとなる同級生の活躍は、素直に嬉しいものですね。桑田くん、おめでとう! チーム選手権の4勝2ドローと合わせて、レイティングは40ぐらい上がるでしょう。羽生さんとの価値あるドロー、そしてAlex に最終戦で勝った棋譜の公開は、本人のブログ記事を待とうと思います。

2位争いは、4.5P で並んだ5人によるタイブレークです。最終戦で桑田くんに敗れるまで、トップを走っていたAlex にとっては悔しいトーナメントだったでしょう。1R から、色々と荒れた結果もありましたが、終わってみれば入賞者全員が2000オーバーでしたね。オープン入賞者は以下の通りです。

1st Place 桑田晋 (JPN, 2199) 5/6
2nd Place Averbukh Alex (JPN, 2297) 4.5/6
3rd Place 権田源太郎 (JPN, 2152) 4.5/6
4th Place 汐口達也 (JPN, 2014) 4.5/6
5th Place 小林厚彦 (JPN, 2187) 4.5/6
6th Place 松田竜 (JPN, 2014) 4.5/6


今年の国内初公式戦だった羽生さんは、2勝1敗3ドローと星が伸びなかったようです。これまで使い慣れてきた、得意のオープニングを封印していたという話も聞いていますので、また次の大会では、本来の実力を出し切るプレーを期待しています。羽生さんが参加をすでに決めている、今月末の10th IVL の情報も、後日公開することにします。それでは皆さん、お疲れ様でした。

東京バイリンガルチェスクラブ IN しながわ夢さん橋


今日は予定通り、大崎で開催された、第27回しながわ夢さん橋に足を運んできました。曇り空ではありましたが、3連休2日目のこの日は多くの人出があり、JR大崎駅を一歩出れば、盛り上がっている様子がうかがえました。大崎は私にとって、中高時代の通学途中駅でしたが、こうした大きなイベントを毎年やっているとは知りませんでしたね。


目的地である東京バイリンガルチェスクラブのブースは、割と好立地に思える、駅を出て陸橋を渡ったすぐ先に出ていました。お客さんの入りを心配していた私ですが、到着してみれば、そんなものは杞憂に終わります。子供から大人まで、多くのお客さんに詰めかけてもらいました。お父さんが子供に教えたくて、一緒に習いに来ている一家もいました。


スペースとセットが足りずに、私も持参したセットを出して、横のスペースで2面指し。ほとんど指したことはないけど、ルールは知っているという子供が意外と多いことに驚かされました。子供に限らないことですが、興味があってもなかなか実際に指す場所がないというのが、日本のチェスの現状です。東京バイリンガルチェスクラブが、東京近辺の子供たちにとって、良い活動場所となることを願っています。

そして、担当者から言われたことですが、私に会いに来てくれたというお客さんも多かったようです。将棋のアマ2段だという男の子には、「羽生さんとイベントやっていますよね」と話しかけられましたし、個人的に私に教わりたいと言ってくれた方もいました。私にとっても、東京バイリンガルチェスクラブにとっても、今回のイベントはとても価値のあるものだったと思っています。関係者の皆さん、お疲れ様でした。


チェスの話はここまで(笑) 夢さん橋に出ていた他のブースは、東京近辺のものから、地方の物産展で売られているようなものまで、バラエティに富んでいました。この美味しかった厚切りハム、どこのものだったか不覚にも忘れてしまいました... 青森の高級リンゴジュースや、品川で生産しているハチミツなども魅力的でしたね。


そしてこのイベント、こうしたキャラクターが多く闊歩していました。この子は「遊びにおいでよ! 戸越銀座」と書かれていますので、地元枠ですね。大量の子供に抱き付かれて、困っているキャラクターもいました。(そして私も交じりました。)


売られているのは、もちろん食べ物ばかりではありません。こうしたフェルトのグッズや、イラスト、ポストカードなども見かけました。他には長崎の椿油、欲しかったです... 明日の開催は台風接近に伴って中止に決まってしまい、少々残念。東京バイリンガルチェスクラブ出展の有無にかかわらず、また来年以降、顔を出してみたいです。

2014/10/11

Tokyo Open 2014 Tournament Report


Photo by Makita

先日告知した通り、今日から3日間は東京オープンです。初日の今日のみ、会場は池上会館で、明日明後日の2日間は蒲田の大田区産業プラザとなります。参加者および、見学者の皆さんは気を付けてください。

さて、事前のエントリーリストでは、Alex、桑田くんのリスト順かと思っていましたが、羽生さん、そして弘平くんが入り、上位勢のリストは以下のようになっています。

1. 羽生善治 2433
2. Averbukh Alex 2297
3. 山田弘平 2234
4. 桑田晋 2199
5. 小林厚彦 2187

そして初日の2試合を終えて面白いのは、この上記のメンバーだけでなく、上位勢に全く連勝者がいないことです。優勝候補の羽生さんは、初戦でKUCC の古谷くんに駒得の優勢ながら、ドローに持ち込まれてしまった模様。Alex は汐口くんと、弘平くんは坂井さん、権田さんと、桑田くんは勝田くんと、厚彦くんは三ツ矢さんとドローでした。ハンデがついて、上位同士が当たる初日とは言え、誰も連勝しなかったとは少し驚きですね。


Katsuta - Kuwata
Tokyo Open 2014 (2)

2R ではほぼ全てのゲームをチェックしていましたが、1つ気になったのはここ。白は1ポーンアップで勝勢でしたが...

1. Qf4 Bd8 2. Rh1? Rxh1 3. Kxh1 Qe7!=


これでドローになりました。私は検討戦で、1. Qf4 の代わりに1. Rf6!? で白勝勢なのではないかと指摘しています。もちろん、そう指さなくても白にチャンスがありますが、勝田くんの選んでしまった本譜の流れは、少しもったいなかったですね。

明日は3B で、私の同級生、汐口くんが羽生さんの対戦です。6月のIVL では、ドローになったペアリングですが、長い持ち時間のほうが羽生さんの実力は発揮されると思いますので、汐口くん、胸を借りるつもりで頑張ってきてください。もちろん、他の参加者の皆さんもです! 明日はまだ天気は大丈夫でしょうが、近づきつつある台風にも十分気を付けて、チェスを楽しんできてください。

2014/10/10

Tokyo Bilingual Chess Club


今夜は、私がオリンピアード後から関わっているチェスクラブを1つご紹介します。それが現在、大崎や六本木で活動を行っている、Tokyo Bilingual Chess Club です。こちらのチェスクラブの特色は、なんといっても、子供たちに相手に英語でチェスを教えることにあります! 日本語を少し苦手としている帰国子女の小学生や、外国人の子供を持つ親御さんにとっては、都内でも重宝するクラブとなりうるでしょう。現在、ここでチェスを教えているメインの講師はAlex で、私も都合が合えば顔を出すようにしています。Tokyo Bilingual Chess Club の活動詳細については、以下のリンクをご参照ください。

Tokyo Bilingual Chess Club

先週、晋作くんに会った際に「小島さん、英語でチェス教えられるんですか?」と聞かれましたが、なんとか頑張ってやっています(笑) 私自身、ここだけではなく、広尾のインターナショナルスクールでのチェス教室を、先月から任されており、英語でチェスを教える機会は増えています。ハンガリーに戻る直前まで、しっかり続けていきたいですね。

またTokyo Bilingual Chess Club は、この土日に大崎で開催される、第27回しながわ夢さん橋 2014 というイベントに、日曜日の10:00 - 15:00 に出展します。さほど広いスペースではありませんが、大学の学祭でのチェスサークルの出展のように、チェスを指せたり教えられるブースが出ますので、興味のある方は足を運んでみてください。私も昼過ぎに顔を出しますので、よろしくお願い致します。もちろん、このイベントでは日本語でもチェスを教えますよ(笑)

第27回しながわ夢さん橋 2014
東京バイリンガルチェスクラブ IN しながわ夢さん橋

2014/10/08

Tokyo Open 2014 Tournament Preview


私が参加した最後の東京オープンは、3年前の2011年です。

今週末、東京では秋の恒例トーナメント、東京オープンが開催されます。ジャパンオープンと開催時期が逆になることもありますが、この大会を迎えると、1年も後半戦に突入したという気がしますね。(4月からをサイクルとした場合の話です。) 東京オープンは、11年前に私がオープン初優勝を果たした思い出深い大会ではありますが、今年も仕事の都合で参加をパスします。10月に日本にいるのは3年ぶりですので、顔ぐらいは出すつもりですよ。

東京オープン参加者

エントリーリストを見ると、現在の29名のエントリーですが、もう少し増えるでしょう。リスト上位は、Alex、桑田くんの順になりそうですかね。かつての全日本入賞者、松田竜さんの懐かしい名前も久々に見ます。参加しない私が言うのも変ですが、4月からチェスを始めたプレーヤーにとっても、この時期ぐらいから公式戦に慣れておくのは良いと思いますので、学生の皆さんも、是非参加を検討してみてください。会場が、初日と2日目、3日目で違うことにもご注意を。

Copyright © 2011 Shinya Kojima All rights reserved.