2016/05/02

Japan Chess Championship 2016 Day2


全日本選手権2日目の今日は、Simon、Alex と厳しい相手との連戦です。3R のSimon 戦は、相手のミスで駒得をし、異色ビショップながらもエンドゲームを勝ち切りました。3連勝で臨んだ4R のAlex 戦は、奇しくも再び異色ビショップエンディングとなります。

Averbukh, A (JPN, 2191) - Kojima, S (IM, JPN, 2400)
Japan Chess Championship 2016 (4)

1. e4 c6 2. b3 d5 3. Bb2 dxe4 4. Nc3 Nf6 5. Nge2 Bf5 6. Ng3 e6 7. Qe2 Be7 8. Ncxe4 Nxe4 9. Nxe4 O-O



ここでは9... Bxe4 10. Qxe4 Bf6 11. Ba3 Be7 も考えましたが、ここは短い手数ドローの可能性を捨て、長期戦を覚悟してゲームに臨みます。

10. g4 Bxe4 11. Qxe4 Qd5 12. Bd3 Qxe4+ 13. Bxe4 Nd7 14. O-O-O Nf6 15. Bf3 Nd5 16. h4 a5 17. a4 Rfd8 18. c4 Nb4 19. d4 Rd7 20. Be4 Rad8 21. g5 Bd6 22. Kb1


ここはあっさりd4 のポーンをくれたので、黒が有利になりました。22. Rhe1 であれば、d1 のルークは守られたままで、Bd6-Bf4-Be5 も使えないため、本譜の手筋はありませんでした。

22... Bc5!



これでポーンアップになりますが、ここから黒が勝つのは簡単ではありません。

23. Rd2 Bxd4 24. Rhd1 c5 25. f4 g6 26. Bf3 b6 27. h5 Kf8 28. Be4 Ke7 29. Bc1 Bc3 30. Rxd7+ Rxd7 31. Rxd7+ Kxd7


黒はピンにされたd4 のビショップを解放するため、このように2ルークの交換に応じなければいけません。ここからどこで進展を作るか、頭を悩ませます。

32. hxg6 hxg6 33. Be3 Bd4 34. Bd2 Na6 35. Kc2 Nc7 36. Kd3 Ne8 37. Bf3 Nd6 38. Bg4 Ba1 39. Bh3 Ke7 40. Bg4 Kf8 41. Bh3 Nf5 42. Bg4 Nd4



ナイトがd4 へ行く形は良いと考えました。これで一時的に白マスビショップを守りに退かせておき、次に手を作るポイントを絞ります。

43. Bd1 Bb2 44. Ke4 Ke7 45. Be3 Kd6 46. Bd2 Nf5 47. Bg4 Bd4 48. Bh3 Bg1 49. Bg4 Nd4 50. Bd1 Bh2 51. Be3 e5


ここでポーンをぶつけ、g5 を孤立させます。Nd4-Ne6 もg5 を狙う形になっているため、これはチャンスがあるだろうとこの時点では考えていました。

52. fxe5+ Bxe5 53. Bd2 Bg3 54. Be3 Ne6 55. Bg4 Be1 56. Bc1 Bc3 57. Be3 Bg7 58. Bd2 Bf8



苦労しながら、黒マスビショップをe7 まで組換えるマヌーバリングで、g5 のポーンを狙うことができることに気づきました。しかし、白にはうまい手順でドローに持ち込む方法があります。

59. Bf4+! Nxf4


59... Kc6 60. Bxe6 fxe6 61. Bc1 を試すべきだったかもしれませんが、おそらくドローでしょう。本譜は異色ビショップでも、b3 を取りに行けるため、2ポーンアップで勝てると思いこんでしまいました。しかし実際には...

60. Kxf4 Bg7 61. Bf3 Bb2 62. Bd5 Bc1+ 63. Kg4 Ke7 64. Bc6 f6 65. gxf6+ Kxf6 66. Bd7 Ke5 67. Be8 g5 68. Bd7 Kd4 69. Be8 Kc3 70. Bd7 Kxb3



取りにいく前の段階で気づいていましたが、これは2ポーンアップでも、ドローにしかならない局面です。白はgポーンをキングでブロックし、b5 のマスをビショップで抑え続ければ安全です。

71. Bb5 Bd2 72. Kf3 Bf4 73. Kg4 Be3 74. Kf3 Bc1 75. Kg4 Kc3 76. Kf3 Kd4 77. Kg4 Bf4 78. Kf3 Bc7 79. Kg4 Bd8 80. Kf3 Kd3 81. Kg4 Ke3 82. Bc6 Kd4 83. Bb5 1/2-1/2


どこかでb6-b5 のブレイクができないかと考えましたが、もちろんビショップで取られてダメです。短手数ドローにせず、しっかり試合をして良かったとは思いますが、これで4連勝の馬場さんに一歩差をつけられ、2位グループに後退です。

今日は上位ボードで、青嶋-馬場、Andrew-Tu、山田-南條など、面白いペアリングが組まれ、いずれも決着がつきました。4R を終えた現在の上位は以下の通りです。

4P 馬場
3.5P 小島、Tu、南條、Alex


この中で当たっているのは、私とAlex だけなので、まだまだ上位勢の直接対決で、大きくポイントと順位は動きそうです。しかし、明日は平日で申請bye が多いため、ペアリングは以下のようになっています。

小島(3.5)-Tu(3.5)
南條(3.5)-青嶋(3)
権田(3)-中村(3)
三ツ矢(3)-高橋(3)


単独トップの馬場さんは、ここで2試合bye となり、1P を落とします。これは後半で順位に影響を与えるかもしれません。私は宿敵、Tuさんとの対決です。これまで黒で2敗していますが、白でも負けるわけにはいきません。しっかりポイントを取って、再びトップに立ちたいと思います! それでは皆さん、3日目もよろしくお願い致します。

2016/04/30

Japan Chess Championship 2016 Day1


いよいよ今日から、今年の全日本選手権がスタートです。今年は私、南條くん、Tuさん、Andrew、Simon、馬場さん、青嶋くんと、FIDE 2200 以上が7人参加しており、ハイレベルな争いが予想されます。私は初戦、教え子の逢阪くんに白を持ってのゲームでした。

Kojima, S (IM, JPN, 2400) - Osaka, T (JPN, 1828)
Japan Chess Championship 2016 (1)

1. Nf3 Nf6 2. c4 g6 3. g3 Bg7 4. Bg2 O-O 5. d4 c5 6. O-O d6 7. dxc5 dxc5 8. Ne5 Nbd7?!



以前から指している8. Ne5 と早く跳びこむラインです。こちらのナイトをぶつける手は不正確で、c8 のビショップの展開に苦しむことになります。正しくは、8... Nfd7 9. Nxd7!? Qxd7 10. Qxd7 Nxd7 11. Nc3+/= と指すべきです。

9. Nd3! Qc7 10. Nc3 a6 11. Be3 Rb8 12. Rc1 Rd8?


これはありえる手だと思っていましたが、しっかり読んでみると白のタクティクスが決まることが分かります。ここは自然に、白マスビショップの展開を急ぐべきでした。12... b6 13. Qc2 Bb7 14. Nd5 Nxd5 15. cxd5+/=

13. Bf4!



数手前はためらったこの手が成立します。これで白は駒得を確定させ、あとは丁寧に指すだけです。

13... e5 14. Nxe5! Nxe5


14... g5 15. Nxd7! gxf4 16. Nxf6+ Bxf6 17. Nd5+-, 14... Nh5 15. Nxf7! (15. Nxg6?! Ne5! 16. Nd5 Rxd5 17. cxd5 hxg6+/=) 15... Nxf4 16. Nxd8 Qxd8 (16... Nxg2?? 17. Qd5+ Kh8 18. Nf7+ Kg8 19. Nh6+ Kh8 20. Qg8#) 17. gxf4+- どちらも大きな駒得で白勝勢です。

15. Bxe5 Qe7 16. Bxb8!



ここはクイーンが消えることを恐れず、2ルーククイーンにしてしまうのがベストです。16. Bxf6 Qxf6 17. Nd5 Qd6+/- としても白良しですが、本譜のように白がすぐに勝てる確証はありません。

16... Rxd1 17. Rfxd1 Ne8 18. Nd5 Qe6 19. Rc2 Bf8 20. Rcd2 b5 21. Nf4 Qe7 22. cxb5 axb5 23. Bc6!


最後のルークが2つ跳びこむ形を読み切り、駒の交換を仕掛けます。

23... Be6 24. Bxe8 Qxe8 25. Rd8 Qe7 26. Nxe6 fxe6 27. R1d7 Qf6 28. Bd6 1-0



この白星の勢いで、2R は三ツ矢さんとの難しいゲームを制し、初日は無事に連勝スタートとなりました。例年、スタートダッシュは上手くいくので、2日目3日目も慎重にプレーして、ポイントを積み重ねていきたいですね。

他のプレーヤーはと言えば、優勝候補のTuさん、南條くんはともにドローが一つあり、1.5P グループに後退しています。とは言え、もちろん大会はまだまだ始まったばかりですので、今後どうなるかは分かりません。明日のペアリングは以下の通りです。

小島(2) - Simon(2)
桑田(2) - 青嶋(2)
馬場(2) - 中村(2)
古谷(2) - Alex(2)
Tu (1.5) - 高橋(2)


私はここまで毎回ドローの、Simon との対戦です。初勝利目指して、頑張ってきます!


万豚記には、今大会中もお世話になりそうです。

2016/04/29

5th Anniversary

4月29日の今日、こちらのブログは5周年を迎えました。大学を卒業したばかりの5年前、周りの勧めにより、思い切ってブログを開設しました。この5年間、ハンガリー遠征や多くのイベント、チェスの仕事をこなしながら、なんとかこちらのブログも続けています。支えてくれている友人や家族、読者の皆さんには、とても感謝しています。

今月は時間取れず、少し更新が少なくなっていますが、明日からは恒例の全日本選手権が始まります。なるべく大会期間中に記事を更新したいと思っていますので、よろしければお付き合いください。今後とも、小島慎也のブログをよろしくお願い致します。

2016/04/24

新レイティング S106


今年の全日本百傑戦

全日本選手権開催まであと1週間を切り、新しい国内レイティングが発表されました。例年、全日本選手権のリストはFIDE ではなく、JCA レイティングで決まっているため、全日本のリストを決める大事なレイティング増減です。日本のトップ勢は以下のようになっています。

小島慎也 2463 (-8)
Tran Than Tu 2460 (+15)
南條遼介 2430 (-11)
青嶋未来 2346 (+1)
馬場雅裕 2317 (+12)


私は百傑の3勝3ドローで、前回の更新で増加させた分と同じだけ落とし、2463 に戻してしまいました。百傑全勝優勝のTu さんに抜かれる可能性もあると思いましたが、Tu さんは+15 で、ぎりぎり逆転はしませんでしたね。南條くんのエントリーは確認できないため、全日本のリストは、私が1、Tuさんが2となりそうです。他には私の周りでは、ジュニアのプレーヤーが健闘し、レイティングを上げている印象を受けます。

今回も新しいレイティングは、JCA のHP か、松戸チェスクラブのHP で確認できるため、是非自分のレイティングや、気になるプレーヤーのレイティングをチェックしてみてください。1週間後には多くのプレーヤーと、蒲田で会えることも楽しみにしています!

2016/04/20

Unknown King Move in A Famous Rook Ending


今夜はこちらのルークエンディングをご紹介します。アタック側のキングがすでにパスポーンの前に潜り込んでいる形は、ルセナポジションと呼ばれ、通常アタック側が勝てるものですが、ポーンの位置がa, hファイルだと難しくなります。それでも、相手キングをポーンから4ファイル離してカットオフしておけば、勝つことができます。(3ファイル以下だとドロー)

1. Rf1 Kd7 2. Rf8 Ke6


白はルークをg8 に持ってきて、黒ルークによるカットオフから、キングの脱出するマスを作ろうとします。それに対して黒は、キングを寄せるぐらいしかありません。2... Ke7 3. Rg8! Rh2 4. Kg7! Rg2+ 5. Kh6 Rh2+ 6. Kg6 Rg2+ 7. Kf5+- でも、白キングは黒ルークの縦のチェックを振り切り、白勝ちとなります。

3. Rg8 Rh2 4. Kg7 Rg2+ 5. Kf8!



5. Kh6 Rh2+ 6. Kg6 Rg2+ と進めば、白キングは引き返すしかありません。f5 のマスを抑えるのが、2... Ke6 のアイディアです。そのため白キングは、8段目を這うように黒キングのチェックを振り切ろうとします。

5... Rf2+ 6. Ke8 Ra2!


黒が粘るためには、ルークのチェックを縦から横に切り替え、メイトを狙うのがベストです。

7. Rg6+ Kf5 8. Rf6+!



白が勝つために重要な1手です。8. Rh6? Ra8+ 9. Kd7 Ra7+ 10. Kc8 Ra8+ 11. Kb7 Rh8= ならば、黒はドローに持ち込めます。

8... Kg5


8... Kxf6 9. h8=Q++- は、クイーンを作った際にチェックになるのがポイントです。こうして黒キングの位置をずらした白は、メイトの危機を逃れました。この後は、9. Rf8 Ra8+ 10. Kf7 Ra7+ 11. Kg8+- といった流れで白勝ちになります。昨晩、Endgame Manual を見直し、この手筋しか乗っていないことを確認しました。ところが他にも、思いもよらない手で勝ちになることを発見しました。

9. Kf8!?



この手は一緒にこのエンドゲームを考えていた、私の恋人に指摘されました。9. Rf8 が当然の1手で、他に白が勝つ方法は無いと思っていた私にとって、この手の存在はかなり驚きでした。黒は、f6 のルークを取れば、依然としてプロモーションがチェックになるため、他の手を探さなければいけません。しかし、何を指しても負けを回避することはできません。

9... Rh2


9... Ra7 10. Rf7 Ra8+ 11. Kg7+- でも白勝ちです。

10. Rf7 Kg6 11. Kg8+-



これで白の勝ちとなります。ちなみに9. Kf8!? のアイディアは、GM のMisha からも美しい! との言葉を貰っています。9. Rf8 で白勝ちになることが分かる以上、他の手を検討する必要が無いと言えばそれまでです。しかし、広く知られたアイディアにこだわらず、他に何か無いかと手を探す姿勢が、これまでの常識を覆し、新たセオリーを生むことに繋がるかもしれませんね。

2016/04/18

Weekly Chess Puzzle Vol.23


Kojima, S (JPN, 2277) - Bakre, T (GM, IND, 2452)
BCCO 2009 (2)
White to move


Kojima, S (JPN, 2277) - Li Hanbin (CHN, 2322)
BCCO 2009 (7)
White to move

久々の更新は、タクティクスのパズル2問です。7年前のタイのトーナメントでは、GM 戦の勝ちも含め、各上から多くのポイントを挙げ、FM の基準である2300 に一気に近づいたのでした。どちらも白番で白勝ちになる手を考えてみてください。答えはコメント欄へどうぞ。

2016/04/04

Japan Chess Championship 2016 Tournament Preview


昨年の全日本選手権より

4月に入り、毎年恒例の全日本選手権が近づいてきました。4月30日から5月5日までのGW 期間中に開催される全日本選手権には、私は当然今年も参加します。15歳で初めて参加してから、13年連続、13回目の全日本選手権です。

昨日、最後の地方予選であった大阪選手権が終わり、全日本選手権の権利獲得者も出揃いました。各地方選手権の結果や権利獲得者の情報は、ちらほら私の耳に届いています。初参加のメンバーも多いようですが、その中でも特に注目されるのは、昨年、日本チェス界にデビューして以来、素晴らしい戦績を残し続けている、Tu さんと青嶋くんでしょう。FIDE 2200台の新メンバーが全日本選手権に複数参加となれば、上位争いは例年よりも激しくなるはずです。

さらにディフェンディングチャンピオンの馬場さん、昨年不参加だったIM の南條くんが参加することになれば、さらに優勝争いは面白くなるでしょう。私も6回目の優勝を目指し、しっかりとプレーしてきたいと思います! 参加する皆さん、3週間後に蒲田でお会いしましょう。

2016/03/29

ACC Spring Training 2016


先週末の金曜から日曜日の3日間、日光で行われた麻布学園チェス部の合宿に、コーチとして参加してきました。私の出身クラブでもあるACC には、昨年の夏合宿からお邪魔させてもらっています。春合宿への参加は、卒業直後の2007年以来、実に9年ぶりのことです。

金曜夜、都内での仕事を終え、東武日光駅に到着したのは午後7時過ぎでした。この時期の日光は実に寒い! そして7時を過ぎれば辺りは真っ暗。店も閉まり、出歩く人もほとんど見当たりません(笑) 駅の近くで夕飯を済ませた私は宿へと向かい、終わったばかりの試合の検討戦に軽く参加して、この日を終えました。

私の仕事メインは土曜日です。この日は試合をなしにし、丸一日私のために時間を空けてくれた後輩たちのために、少し張り切りました。午前はエンドゲームから考えられる各ピースの使い方や、タクティクスをメインにレクチャーを行い、午後はこちらから与えたテーマで、各々に簡単なプレゼンテーションを行ってもらいました。


夕飯後は8名の部員+1名の顧問の先生を相手に9面指しを行います。3時間半指して、結果は7勝1敗1ドローでした。顧問強し(笑) 中2の矢野くんも、非常に手堅く指してよくドローをゲットしたと思います。昨年は何か所かで同時対局を行いましたが、今年はこれが初で、ポイントを落とすのも久々です。こうして自分でもやってみると、先月、1敗もしないで30面を指し切ったGM Naiditch の偉大さがよく分かります。


10時間以上、チェスを教えた土曜日を終え、翌日曜日は午前の試合を簡単に見てから、宿を後にしました。中1の松山くんは、最終戦をおそらく勝ったでしょう。ジュニアチャンピオンの小柴くんに並び、5/6 でのフィニッシュは、中1にしては上出来な内容だと思います。私も14年前の春合宿で先輩相手に貴重な白星を挙げ、とても嬉しかったことを思い出しました。普段は小学生の指導することが多い私ですが、こうして中高生の後輩たちが成長する姿を間近で見るのも、とても楽しいですね。


こちらは麻布チェス部の部員であったメンバーには懐かしいチェスセットでしょう。ボードは変わっても、このピースは20年以上、ACC に受け継がれています。合宿のラウンドが、私が現役時のスタンダードだった9R から減ったり、私がコーチとして参加するようになったりと、世代によって部活動のスタイルが変わっていくこともありますが、中高生がチェスに傾ける情熱や、チェス部に在籍しながら過ごす青春など、変わらないものもあると思っています。

2016/03/28

Saturday Lecture on April 9th 2016


Adams, W - Torre, R
New Orleans 1920
White to move

【日時】 2016年4月9日(土) 13:00~15:00
【会場】 チェスセンター(最寄駅:池上駅)
【形式】 レクチャー+質疑応答
【テーマ】 Deflection
【テーマ詳細】

なんらかの駒をぶつけたり取ったりすることで、相手の駒の利きをそらし、スレットをつくるDeflection というタクティクスは、覚えておくととても便利です。例えば、相手のクイーンがa とb の2か所を守っていなければいけない際に、自分のクイーンを相手のクイーンにぶつけてしまい、a,b どちらかから相手のクイーンの利きをそらして勝ちになる、というような具合です。Deflection はBack Rank Mate と非常に相性が良いため、その組み合わせでも例を挙げながら、Deflection について理解を深めていきましょう。

【参加費】 レクチャー代1200円+飲み物代200円
【参加資格】なし
【対象】 レイティング2000未満


2016/03/24

Weekly Chess Puzzle Vol.22


Kuwata, S (JPN, 1773) - Kojima, S (JPN, 1955)
Japan Junior Chess Championship 2004
Black to move


Mohammad, N (IND, 2199) - Kojima, S (FM, JPN, 2329)
Thailand Open Chess Championship 2011(5)
White to move

タクティクスは桑田くんとの12年前のゲームです。ここで決め手を逃した私は、なんとか6ポーンvs. ルークのエンドゲームを勝ち切りました。黒が最も簡単に勝つ方法を見つけてみてください。

エンドゲームでも、ようやく面白いポジションを発掘できました。不利な白はここで間違え、ドローに持ち込む方法を逃してしまいました。何がドローにするためにベストかを考えてみてください。答えはコメント欄にどうぞ。

Copyright © 2011 Shinya Kojima All rights reserved.